インターネットを始めたばかり、または、始めたいという初心者向けのサイトです。

インターネットするならOCN(初級者編)

トップページに戻る

コンテンツイメージ

ADSLとは

ADSLとは、エイサメトリク・デジタル・サブスクライバー・ラインの頭文字を取ってあります。(Asymmetric Digital Subscriber Line)
上りと下りの速度が非対称なデジタル通信技術の事です。上りと下りの速度が違う?どういうことでしょう。

もともとは、ビデオ・オン・デマンドを想定して作られたようです。ようは、ビデオ(古い)を借りに行かなくても家でも見られるようにすることを目的にしたサービスです。
どうしても「バック・トゥ・ザ・フューチャー」が見たい。でも、ビデオ屋さんは閉まっている。じゃあ、インターネットで見よう。という流れがあったとします。
わたしの見たい!という指示が上り。映像を配信することを下りになります。上りは指示だけ、下りに映像を配信するので通信速度を下りに優先したのです。
理にかなった構造をしてますね。

ISDNとは

ISDNとは、インタグレイティド・サービス・デジタル・ネットワークの頭文字を取ってあります。(Integrated Services Digital Network)
「一回線で二回線」というフレーズをどこかで聞いたことはないでしょうか。
電話を受けながら、FAXも受信出来る優れものです。ただし、インターネットを利用する場合、通信をダイヤルアップで接続するので繋いでいる間、通信料が掛かります。

しかし、どちらも時代の流れで現在は衰退傾向にあります。

では、なにが今の主流なのでしょうか?

次のページへ